中高年の男性に起こり易い、「前立腺肥大症」について

「最近、尿が出にくくなった気がする」「夜中にトイレに行く回数が増えた」など、排尿に関するお悩みはありませんか。
これら症状は、中高年男性に多く見られる「前立腺肥大症」の可能性があります。
そこで、症状の原因や改善方法を紹介していきます。

現在、50歳以上の中高年男性の4人に1人がなんだかの排尿障害を抱えていると言われています。
前立腺は男性だけにある臓器で、膀胱の下にあり、尿道を取り囲んでいます。
これはクルミ程度の大きさで、前立腺液という精液の一部を作り、精子の働きを手助けしたり、精子に栄養成分を与えたりする作用があります。

前立腺肥大症は、加齢と共に前立腺が徐々に肥大をしていく症状を指します。
そうなると、前立腺の中心を通る尿道が圧迫され、尿が出にくい、尿に勢いがない、尿を出し切るのに時間が掛かる等の排尿トラブルが起こります。

前立腺肥大症になる原因の一つが、男性ホルモンの減少です。
男性は50歳を迎える頃から男性ホルモンの分泌が減少し、女性ホルモンの比率が高くなることからホルモンバランスが崩れ、前立腺が肥大していくことがあるのです。

前立腺肥大症を予防・改善するには、食生活に気をつけることが重要だと言われています。
毎日の食事において、脂肪分の摂り過ぎや塩分過多にならないように、野菜類を積極的に食事に取り入れましょう。
前立腺細胞の増殖を抑制してくれる納豆・豆腐・きな粉などの大豆製品も合わせて摂取することが予防と改善には効果的です。脱毛 体験 アリシアクリニック