久しぶりに見た戦国映画「のぼうの城」紹介します。

私は昔から日本史が好きで、特に戦国時代は大好きです。そこで久しぶりに見た戦国映画「のぼうの城」を紹介したいと思います。この映画は豊臣秀吉が北条氏を攻めた小田原攻めの、ある戦いを題材にした映画です。石田三成が率いる大軍が北条氏の支城忍城を攻めたときの話なのですが、後世に語り継がれるほどの戦でした。当初は密約通りに戦わず城が明け渡される予定でした。しかし、城代の成田長親の一存で戦になってしまいます。誰もが成田勢の負けを予想していましたが、蓋を開けてみると予想しなかった展開になってしまいました。忍城の周りは湿地帯で、その地の利を活かし籠城戦に持ち込んだ成田勢に石田勢は攻めきれず、苦戦します。そこで三成は忍城の地の利を逆手にとって水攻めで応戦しました。しかし北条氏が降伏したため戦いは終わり、忍城は落城することなく明け渡されました。この結末は誰も予想できなかったと思います。そして、この小田原攻めで唯一落城しなかった城は忍城だけでした。この戦で忍城を落とすことのできなかった石田三成はこれ以降、戦下手の印象が一層強くなりました。映画では成田勢が結束して戦う姿を面白さを交えながら描いています。難しさはなく見やすい映画なので一度ご覧いただければと思います。キレイモ 9500円 無料