青空の広がる秋の一日残り少ない晴天の日を大切に。

このところ、晴天の日が続いている北海道、一年で、一番良い季節なのかもしれませんね、週の初めから天気が良いと気持ちも良くスタートが切ることが出来ます、仕事もやる気になるのですが、この天気も今日までのようです、明後日からは、雨の日が続きそうです、その前に、お日様を帯びることにしましょう、周りの田んぼでは、稲刈りの真っ最中、友達の田んぼでスす、そこまで杖を突いて、リハビリがてら行きましょう、乾燥した空気に包まれて、そよ風に背中を押されて、周りの畑を眺めながら、残り少ないであろう、秋晴れの中を、カメラ片手にお散歩です、何処までも透き通った、青空と澄み切った空気、そんな中を一歩一歩確実に前へと進み、収穫前の作物の作柄を確かめながらゆっくりと、歩を進め、友達と談笑して、長い時間はお仕事の邪魔になるので、早々に帰路につき、同じ道を戻るのです、その先には遠くに冬を待つ山並みがかすんで見えています、もう少しで、山頂から、白くなってくるのですね、そんな光景を頭に浮かべながら今日の運動は終了です。女性ホルモン 販売店

私は、知っていることだけを教える人になりたい。

知ってることはとても価値がある事だと思う、
その価値は情報になりやがて人を助けることもあるだろう、逆に悪用される事もあるが責任はない。
知っている事は責任じゃないんです、それを使用するのかはその人次第で変わっていくもの。
神様達の教えは人々に伝達されていくもので神様には責任はない、私からしたら神様ではなく悪魔ではないかと疑う事もある、でもそれは責任はない。
私は教師になるとかじゃなくて神様になるつもりもない、私はその責任の教えになりたいのである、
この世の中上司、軍曹、見上の方、それぞれ責任があると思う、今までやってきたプロフェッショナルの方にはそれを教える義務、何かあった場合の責任、
その責任とやらはどんなに重たいのかは言葉はじゃ表せにくい程の辛さ、プロフェッショナルの方はその試練を超えたからこそ苦しみ辛さが分かっているはず、
かと言ってそれの試練を通過していないプロフェッショナルも居る、それはパーフェクトライフミュゼ 予約 同伴者