お正月はやっぱり食べすぎてしまうシーズンですわ

お正月となりますと、やっぱりおいしいものや付き合いが多い時期でありますから、ついついものを多く食べすぎてしまうことが多くあります。

おせちにお酒、初もうでで食べるおいしい屋台の数々に、お持ちにお菓子、お出かけ先で食べるおいしい外食などなど
一杯食べるものが出てくるわけです。

今年は親戚と一緒に食べたカニすきが一番のごちそうでしたが、この場でもいっぱい食べたわけであります。

もちろん自分の分だけではなく、他の人が食べられなかった分が私のところに来るわけでありますから、ますます本来よりも大量にご飯を食べるわけであります。
それによって、どんどん1日の摂取カロリーが増えていくというわけで。

お正月が終わってからのカロリーを考えるとこりゃ運動したり、節制しないといけないなということになるでしょう。

ほんの数日程度一気に食べてもすぐには栄養は吸収しないといいますが、やっぱり気になるので早めに運動をしていっていきたいです。

現代のゲームの遊び方と昔のゲームの遊び方

昨今はゲームといえばスマホのゲームが大半を占めるようになりました。昔のようにファミコンをテレビの前に出してきて、みんなで一つの画面を眺めてゲームを楽しむ。
自分の順番が回ってくるまでやきもきしする。いざまわってくると、普段あまりしないゲームならすぐに死んでしまう。
他のゲームがしたいのに、友達同士の多数決でしたくないゲームで遊ばざるを得ない、でもゲームで遊ばないよりかは遊んだほうが面白いので、つまらないゲームにつきあう。
そのうち遊びに行ってる友達のお母さんからもうそろそろ帰りなさい、と言われて、夕暮れの中足早に帰る。
というのがファミコン初期の頃の子供の日常でした。
その中で秩序や理論性などを、遊びながらも学んでいった気がします。不便でしたが良い時代だと思いました。
時代が進むに連れてだんだん、家庭の中のゲーム機のあり方も変わってきました。
みんなで楽しむという視点から個人で楽しむ視点にシフトしていったような気がします。
悪いことだ、とは言いませんが、なんだか寂しい気持ちにはなります。脱毛ラボ池袋店 予約

地図が読めない女って間違いなく私のことだ。

昔からとにかく迷子になる子供だった。近くのスーパー内で迷子になったことも多々ある。高校の道が全然覚えれなくて2時間辿りつけなかったこともある。地理も苦手だった。だがありがたいことにいつも友達に囲まれていたので、一人で行動することはほぼなかった。だから道がわからなくても友達がいればどうにでもなった。だから余計に地図を読んだり、道を覚えたりすることがなかったのだ。それが余計にいけなかったと反省している。今私は結婚を機に地元から遠く引っ越した。周囲に知り合いはいないし知らない土地。自分で進んでいくしかないわけだ。だけどやはり道を歩いても行きと帰りでは左右に見えるものが違うのでわからない。最近では道を覚えることは不可能ともうあきらめて、地図アプリを頼りにしている。あれは勝手に自分の位置を把握してくれる。でも地図アプリもGPSが拾えないと機能してくれない。そうなったときは人に道を聞くか、交番で道を聞くかのどちらかだ。もう死ぬまで一生紙の地図は読めないんだろうな。アリシア ビューティー

全く意味をなさなかった私のJアラートの体験談

最近ニュースを観ると、北朝鮮の核実験の暴走問題が何かと問題になっていますよね。
Jアラートで起こされて、目覚めの悪い朝を迎えた、という人も多いのではないでしょうか?
私もミサイルが発射された時はグッスリ眠っていたうちの一人でした。
ただ、私は前日鬼のように働いていたため、疲れが蓄積していて、本当に爆睡状態でした。
そのため、Jアラートが鳴ったとき、何か鳴ってるとは気付いたものの、それを電話だと勘違いしてしまっていたのです。
その何日か前に携帯の機種変更をしたばかりで、着信音などに聞き覚えがない、というのもあったのでしょう。
「もしもし?誰?」と意味の分からないことを言ってしまっていました。
ようやく覚醒してJアラートに気付いた訳ですが、自分のボケーっとした性格に、仮に本当にミサイルが飛んできたとしたら私は100%逃げ遅れてしまうんだなと思いました…。
まぁ一番は北朝鮮の動きが落ち着いてくれることを願うばかりですね。夜間 即日融資 カードローン