小学生時代の長い夢から覚めたんだが、あまり時間はたっていなかった。

子供の時見た夢と全く同じ夢を見るのは珍しいのだが、ほとんど同一の夢を見たわけである。普段は小学生の頃の夢をみても主人公はなぜだか大人の自分であったりするのだが、今回見たのは子供のまま、そしてその当時のままの自分であった。ただし、その当時の先生とか同級生はでてくるのだが、まったく顔とか名前とかは出てこない。
それらは、うすぼんやり正体を隠すかのようでそこだけが違うわけである。
こういう夢を見て起きたらもう朝というのが定番なんだが、夢から覚めてみると12時を少し回っていたところでほとんど、寝ていないわけだ。
なんと実質2時間しか睡眠をとれていないわけだが、やたら時間がたったような感覚である。完全に6時を過ぎているかと思ったのだが、この辺の夢を見た後の時間間隔というのはおかしなものだね。いつもだと、夢をみてから起きたのに実際は8時間以上たってもおかしくないのに、今夜に限って夢がやたら長く感じたのだが・・・